スポンサーサイト
--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
私たちの活動について
2011/01/16

にいがたカレッジキャットの活動について

現在新潟大学内では、たくさんの野良猫が生息しています。
それは、繁殖制限を伴わない餌やりが、学生などによって行われたためです。
しかし、野良猫の寿命は平均3年~5年と言われ、家飼いの猫に比べ非常に短いのです
たくさん生まれても、病気や怪我の危険に常に晒されているため、たくさん死んでいきます。
また、彼らの糞尿による悪臭、発情期の鳴き声による騒音は、大学内の環境を悪化させかねません
こうした現状を目の当たりにし、「このままでいいのか?」「私たちには何もできないのか?」
そんな思いから発足したのが、にいがたカレッジキャットです。

具体的な活動は毎日のお世話(サークル員でシフトを組んで一人当たり大体週に一度出ています)、月に一度程度のミーティング、TNR活動などなどです。
詳しくは下記をお読みください。

目次:
1.活動の目的
2.地域猫活動とは?
3.TNR活動
4.啓蒙活動
5.その他の活動
6.活動に必要な餌やり(おまけ)


<1.活動の目的と手段>
◎目的
・大学内にいる猫のむやみな繁殖拡大を防ぎ、猫と人間のよりよい共生を考える
・大学内を範囲とした「地域猫活動」を行う
・大学内の環境美化を図る
・今生きている命が最期を遂げるまで、支援する

◎手段
TNR活動(猫を捕獲する→避妊去勢手術を施す→元の場所へ返す)
啓蒙活動
・その他の活動(見回り、活動資金確保のための募金など)

<2.地域猫活動とは?>
「地域猫」発祥の地、横浜市磯子区による「地域猫」の定義:
野良猫を、餌の管理、不妊去勢手術の徹底、糞の清掃、周辺美化など
地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、野良猫の数を今以上に増やさずに
一世代の生を全うさせることで、周辺住民の認知が得られた猫のこと
(環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」より一部抜粋
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2202.pdf

 ⇒避妊去勢手術だけではなく、猫がした糞尿を片付けたり、餌や水を置いてゆかずに
  持ち帰ったりすることも大切です。環境を美しく保つためです。
  また、現在生きている猫の生を見守ることも、重要な活動となります。

<3.TNR活動>
野良猫を人道的に捕獲(Trap)して、不妊手術(Neuter)を行い、元の場所に戻し(Return)、
そしてその猫の最期まで支援する活動で、世界共通の野良猫対策として実施されています。
野良猫の増殖を抑え、望まれない子猫が生まれるのを確実に防ぐことができます。

<4.啓蒙活動>
人間の食べ物は猫にとって害を与えるものが多いですが、ほとんどの人にそのような知識はありません。
また、餌やりの理由が、ただ「かわいいから」「かわいそうだから」であることが多いです。
自分が与えた餌が、実は猫の病気を引き起こしかねないものかもしれない
自分が与えた餌が、いたずらな猫の増加や糞尿被害を引き起こすかもしれない
自分が与えた餌の食べ残しや包装のゴミを放置することで、虫がたかり悪臭がわくかもしれない
無責任な餌やりが、実は野良猫を増やし、環境を悪化させてることに繋がることを
多くの学生に気づいてもらうため、ポスター掲示やビラ配布を行います。

<5.その他の活動>
猫がどこにいて、どのくらいいるか把握するため、また糞尿や、誰かが残した餌を掃除するため
毎日見回りを行うことにしています。メンバーは共通の腕章などを付けて回ります。
他にも、活動資金の確保のため(避妊去勢手術は高いです!8000円~など…)に
定期的に募金活動を行います。またブログでも寄付をお願いしています。
twitterやmixiを使った広報も行っており、できればこちらでも啓蒙活動を行いたいと思います。


<6.活動に必要な餌やり(おまけ)>
むやみな餌やりが猫の増加に繋がるので、それを控えてほしいと私たちは考えています。
しかし、私たちは活動の一環として餌やりを行います。
「え?それって矛盾してない?」と思われるかも知れませんが、実は私たちの餌やりには意図があります。
それは、定期的に同じ場所で餌をやることで、一箇所に猫を集めやすくなり、捕獲しやすくなる
つまり、猫を管理し避妊去勢手術を行うためには必須の手段!ということです。

かといって、すべての猫に避妊去勢手術が終われば(遠い未来ですが)
餌やりが必要なくなるのか?といえば、そうではありません。
これ以上猫を増やさないことを前提にしながら、今生きている命を大切にし、見守ることも大切です。
そのため、餌やりを行います。

ただ、他の方にこういった事情を長々説明している時間は、おそらくありません。
ですので、私たちは学生が少なくなった夕方の時間帯に
にいがたカレッジキャットのメンバーであることを示す腕章などを付けつつ
そっと活動を行うことにしています。

スポンサーサイト
TR(0) | CM(-) | 活動紹介 | Page Top
 TrackBack
TrackBackURL
→http://niigatacollcat.blog119.fc2.com/tb.php/27-f14873e5
Pagetop

プロフィール

「にいがたカレッジキャット」

私たちは、新潟大学の構内を対象に野良猫をレスキューしている学生によるボランティアサークルです。

ブログ(木曜日更新):http://collcat.blog87.fc2.com
twitter:@niigata_collcat
お問い合わせ先:collcat@hotmail.co.jp
(こちらのブログへのコメントはご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © にいがたカレッジキャット All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。